明日は寒くなりそうです

明日はこの秋一番の寒さになるそうで いよいよ冬将軍の到来です。

毎年この時期にはインフルエンザの予防接種をしているので 今年も昨日予約して 今日注射してもらってきました。

これで少し安心ですが 普通の風邪には効かないそうですね。 暖かくして過ごす事にしましょう。

最近レカンフラワーの事ばかり書いていましたが 押花も忘れていたわけではありません。

ちょっと手のかかるカラーを使ったブーケ額です。

P1040965_2119 P1040841_21027

白のカラーを真っ白に押すことは出来ませんでしたが 茶色に変色しないで出来たのは大成功と思っています。

「エレガントにしてほしい」とのご希望でしたが 気に入っていただけるでしょうか?

寒くなっても お花に関わって過ごせる事 とても幸せを感じています。 

| | コメント (6)
|

秋らしい作品です。

爽やかな秋晴れでした。 

「暑さ寒さも彼岸まで・・・」 ほんとに実感する日でした。(*^。^*)

午前中 実家のお墓参りを予定していたけれど 生徒さんから「行って良いですか?」って電話があったので 予定変更して押花教室です。

すでにインストラクターになられ 生徒さんを教えてらっしゃるんだけど 「見てもらったほうが安心だから」って来てくださいます。

何も教える事もなく 唯そばで見せてもらってるだけなんだけど安心なんだそうです。嬉しいですね。

そしてお花は今盛りのワレモコウとキバナコスモスです。

台紙にする和紙もすでに 考慮済みで 二人で「これいいねっ」としゃべりながらの作業です。

   P1040559_2922nagasaki_2

やはりベテランさんですね。 密封もしっかり出来て 約一時間半後 とても素敵な作品が出来ました。

次回はレカンフラワー予約して帰られました。

| | コメント (6)
|

ブーケを押花に

昨年末に店を閉じられたレストラン「ラ・メール」さん 4月末に別の場所に新装開店されました。

先日早速 結婚披露宴があったそうで「ブーケを押花に」と持ってきてくださいました。P1030247_5

そのときのお話では 私の作った額を正面に飾って下さっていて とても好評で この絵を見て「ブーケはぜひ作って欲しい」と注文があるそうです。

とても嬉しい事です。

近いうちにぜひ食事に行きたいと思いました。

そして預かったブーケはこちらです。

P1030957_2rameru525

ブルーのドレスに合わされたそうで 優しい色合いのブーケでした。

早速押花にしましたが 綺麗に出来ると嬉しいのですが。

もう一つ花屋さんからも注文が入りました。P1030960_2ituki526

こちらは大きなラウンドブーケで華やかなバラだけで作られています。

一度に二つは大変でしたが 頑張って押しました。

綺麗に出来る事だけ願っています。

| | コメント (0)
|

屏風にはめこむ額作り

しばらくお休みされていた押し花生徒のNさんから 「大きな額で屏風にしたいから手伝って欲しい」と連絡があり 朝から二人で大作に挑戦しました。

Nさんはすでに押し花のインストラクターで 数人の生徒さんの先生です。が 時々私の教室に来ては 大作を作っていかれます。

今回はフジとボタンを使って 大きな屏風を作られました。

台紙にする和紙を選び その上に黒のオーガンジーをかけて ちょっとシックな台紙が出来ました。この台紙を選ぶだけでも時間がかかりましたが 二人で納得のものです。

左はボタンを中心に(組み立てがまた大変でしたが) 右はフジに重点を置き 連作になるように両方に流してみました。

とても午前中だけでは出来ません。お昼をはさんで 4時までかかり大作が出来上がりました。

屏風本体は重いので持って来られませんでしたので 二つの額に入れてみました。

P1030936_2512nagasaki

写真は窓ガラスが写ったり反射したりでうまく撮れていませんが 左右連作になっています。

とても素晴らしい作品が出来たと思いますがいかがでしょう?

大満足の作品になり 今頃は大きな屏風におさまっている事でしょう。

 

| | コメント (8)
|

レカンフラワー体験

押し花専門?雑誌の中に「レカンフラワー」の記事が出ていました。

レカンフラワーというのは 私の押し花の先生である杉野宣雄先生が考案されたもので 最近ネット上でもたびたび目にすることがありました。

レカンとは、フランス語で『宝石箱』という意味だそうで レカン、「麗乾」。 

麗しく乾かした花はまるで宝石のよう・・・という説明があります。

一度は実物を見てみたい・・・と思っていたら その本に体験教室がいくつか紹介されていて 一番近くの四日市の教室で 昨日体験させて頂く事が出来ました。

私 押し花、プリザーブドフラワーやっていますが お花のことに関してはいつも興味津々なんです。

体験教室で教えてくださった先生も 押し花は私と同じふしぎな花倶楽部所属の方で プリザやパッチワーク、その他色々されてるようでした。

そしてレカンフラワーはというと 見た感じはドライフラワーのようで プリザのようにしっとり感はありません。

でも 元のお花そのままの色は残っています。

押し花のように平面ではなく 立体に出来ます。

それぞれ一長一短はありますが とりあえず体験作品作らせてもらいました。

P1030820_2 P1030821_2

これは 乾燥剤も入っていませんから 変色は避けられませんが 額仕立てにすれば 乾燥剤も入れることが出来長持ちするそうです。

趣味はプリザーブドフラワーで最後と思っていましたが 「レカンフラワーインストラクター養成講座がまもなく開かれるからやってみて・・・!」っと先生に進められ 「やってみようかな?」って今思案中です。

四日市まで通うのがちょっと難しいかも?ですが。

| | コメント (10)
|

ブーケを押花とプリザに

先日結婚式をされた方が ネット検索で ブーケを押し花と プリザにして欲しいと持ってこられました。

白のブーケは押花に お色直しのほうは プリザにさせて頂きました。

P1030326_2 P1030380_2

白のバラは写真で見るとおまんじゅうのように見えますが もう少しバラらしく出来ています。ブートニアも入れて欲しいとの注文でしたので ちょっと傾けて入れました。

P1030328_2 P1030383_2

こちらは 赤のラナンキュラスは開きすぎて痛んでたので しっかりしていたバラを中心に作らせていただきました。

ブーケのイメージは残したいということでしたので 付いていたリボンも使って ラウンドにまとめました。

とても可愛く出来たと思いますが いかがでしょう?

| | コメント (10)
|

ブーケ額

今日こそ 初泳ぎして楽しんでこようと思ってたのに朝から雨です。

プールは12月半ばから休んでいるので 筋力も落ちただろうし 正月太り解消のためにも泳ぎたいと思ってたのに 行けません(ー_ー)!!

歩いて行っても10分もかからない所なんだけど 雨の日に出かけるのは嫌なんです。

仕方なく 年末に預かっていたブーケ額を作る事にしました。

ほんとは年を越したくなかったんだけど 年末落ち着かなかったので 今になってしまいました。 ピンポンマムはやはり押すのは無理なようです。

P1020998_2 P1020857_2

いつもとあまり変わり映えはしませんが こんなものでしょうか? 

これでブーケ作りも最後になるかも知れません。 というのも結婚披露パーティーされていたレストランさんが大晦日を最後に店を閉じられました。

26年間ヨットハーバーの見える綺麗な場所で営業されていましたが 娘さんご夫妻のパン屋さん 自宅 レストランを一緒にして 4月末には新しい場所に新築オープンされるそうです。

今度はどんなレストランになるのでしょう?

またブーケの注文いただけるようになれば させていただきますが・・・どうなるんでしょうね??

素敵なお店になることを期待して待っていましょう。

| | コメント (10)
|

可愛すぎたかしら?

先月24日結婚された方のラウンドブーケです。 大きなバラだけなので動きが無く重い感じにしか出来ません。 

P1020818_2

付いていたリボンを入れましたが 小花が無いのでボテッとしています。

ちょっと思いついて バラの中心の小さな花びらを飛ばしてみました。 私好みですが可愛くなりました。

ドキドキしながら 思い切って密封してしまいました。もうやり直しはできません。

お二人はどう思われるでしょう? とても心配です。

小さい方は このブーケを作られた花屋さんがお店で飾るそうで 残りで作ったものですがこちらのほうが落ち着いてよかったかも知れませんね。

| | コメント (4)
|

今日もブーケ作り

師走に入り大掃除もしなければ・・・って気がせくけれど 預かったブーケが気になり またまたブーケ額作りをしました。

寒くなると押し花は乾きにくくなるので 重石をかけた上に電気毛布を掛け 人肌ぐらいに暖めると早く乾きます。

今回のブーケは とてもおとなしい感じです。

P1020702_2 P1020800_2_2

バラは銀のカラースプレーが掛けてあり 洋服も銀のような感じだったそうです。

お嫁さんの持たれた感じにはなかなか上手く合わせられませんが そんな雰囲気が出たでしょうか?

ちょっと違うような気もしますが こんな所でお許し願いましょう

| | コメント (8)
|

ブーケ額

レストランでの結婚披露宴10月は無かったようで ブーケ額の注文もいただけなかったけれど ここに来て毎週預かる事になってしまいました。

今回のは ちょっとシックなブーケで 額にしても渋いものになってしまいました。 

P1020586_2_3 P1020783_2 

でも レストランのオーナーさんに取りに来て頂くと 「まぁ!いいのが出来た事 お二人にも喜んでいただけるわ」っと とても気に入っていただけた様子でホッとしました。

小さな額は お母さまへのプレゼントだそうでとてもやさしいお嫁さんですね。

何時までも飾っていただけますように・・・

| | コメント (10)
|

より以前の記事一覧