« 松阪商人の館へ | トップページ | 連休後半のこと »

旧長谷川邸

江戸で成功した松阪商人の館がもう一つあります。

『三重県指定文化財 旧長谷川邸』です。

平成25年4月1日付けで松阪市に寄贈され 公開されています。

豪商の状況がうかがえる歴史的文化遺産です。

P1120847_2

玄関から右にず~と塀が続いています。 随分大きなお屋敷です。

P1120848_2

入るとすぐジオラマがありました長谷川邸の全景です。 お庭も立派なようです。

P1120862_2

↓ 主屋内部(通り土間)

P1120851_2_2

↓ 座敷には松阪木綿が飾られています。

P1120850_2

↓ 大蔵

P1120852_2

↓ 立派なお部屋

P1120854_2

↓ 屋敷内の庭園

P1120855_2

↓ 殿町側の庭園

P1120858_2

最後に蔵で大判 小判を見せてもらいました。

P1120860_2

立派な豪商の館を見せてもらいましたが 三井 小津 長谷川 長井 殿村などの豪商は 江戸時代前期には江戸や京 大阪に出店を構えたそうです。

三井家の始祖 三井高利が江戸日本橋で開業した呉服商越後屋は のちの株式会社三越となり現代の三越伊勢丹となります。

そのご縁で 三越百貨店のシンボルであるライオン像が松阪に送られてきたんですよね。

Dsc_00981_2128

松阪市はたくさんの豪商の生まれた 立派な町だったんですね。

いまさらながら松阪市に生まれたことを誇りに思います。

|
|

« 松阪商人の館へ | トップページ | 連休後半のこと »

コメント

かざはやの里の藤やツツジ
私そっくりな狸・・・
松坂商人の館 そして 旧長谷川邸と
家に居ながらにして 松坂を楽しませていただきました

松坂といえば 食いしん坊の私は松坂牛しか頭に浮かばなかったのですが商いも盛んだった所なのですね
昨年の三重への旅では立ち寄る事もなく通過してしまいましたが 
次回は寄らせて頂きたいところになりました
ありがとうございました。

そうそう こちらのブログをリンクさせて頂いてもいいですか?
よろしくお願いします。

投稿: RUNAのおかあさん | 2016年5月 3日 (火) 11時12分

RUNAのおかあさん

松阪に生まれ育ちながら 知らないことが多くて この年になって初めて 豪商の住まいを拝見させて頂きました。

今松阪では この豪商の町をアピールしようと 三越百貨店の出店のようなものを作るべく 整備が始まっています。
楽しみにしてるんですが まだ数年かかりそうです。

次回はぜひ 松阪にも寄ってくださいね。

ブログのリンクのこと、最近レカンのお話も少なくて つまらないブログですが よろしくお願いします。

投稿: miyo | 2016年5月 3日 (火) 13時11分

松坂の歴史興味深く読ませていただきました。江戸幕府が始まって平和な時代が続く中、士農工商のはずが商人が大名以上に富を築き地方も繁栄してきて、明治維新を、経済的に豪商が支えたと、司馬遼太郎が著しています。

投稿: まるちゃん | 2016年5月 3日 (火) 19時01分

まるちゃん
そうだったんですね。
司馬遼太郎の本は読んだことがありませんが、豪商の屋敷を見ていると きっと凄い力を持っていたんだということが良く分かります。

参宮街道も今は商家が少なくなって シャッター街となっていますが またいつか繁栄する時が来ると良いですがね。

投稿: miyo | 2016年5月 4日 (水) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松阪商人の館へ | トップページ | 連休後半のこと »