« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

庭が綺麗になりました

11月も後2日 気ぜわしい師走が間もなくです。

毎日のように この冬一番の寒さが更新され 暖房の部屋から出るのが億劫になってきました。

紅葉も終盤ですね。

枯葉で見苦しくなってきた中庭の手入れが苦になっていたところ 昨日突然 庭師さんが来てくれました。

庭師さんと言っても 私の従姉のダンナさんなので なんか手伝わないと悪い気がして、下に落ちた枝葉を集めては袋に詰める。。。ちょっと大変な仕事です。 

1日では片付かなくて 今日も。

結構手伝ったおかげで 夕方にはすっかり綺麗になりました。

足腰が痛くなるんじゃないかしらって心配したけど 今のところ大丈夫。。。

少しづつ片づけて お正月の準備をしないとね。

家族が揃うのを楽しみに 準備しますね。 

| | コメント (2)
|

アフターブーケを押し花に

大阪から帰って間もなく アフターブーケが届きました。

予約を受けていたのでお預かりしましたが ちょっと疲れていたので 花押しは一晩置いてからになってしまいました。

     P1100962_21124_2

菊やシンピジューム 押し花にするには難しい花ですね。

実ものも うまく乾くかどうか?

心配しながらですが 何とかなりそう。

心を込めて作らせて頂きますね。

| | コメント (0)
|

演奏会と紅葉狩り

土曜日の事。

咲ちゃんの通ってる大学の吹奏楽部定期演奏会があり 行ってきました。

最近ちょっと調子のいいじいちゃんも 孫の活躍を楽しみに出かけました。

兵庫県立芸術文化センター 大ホールで行われた演奏、今年の全日本吹奏楽コンクールで銀賞に選ばれたという曲もあり 素晴らしい演奏でした。

P1100918_2

毎日遅くまで練習してるそうで大変だろうなぁって思いますが 

本人はとっても楽しそう(*^-^*)

次の日も スポーツの応援に出かけていきました。

私たちは 別行動で 万博記念公園に連れてってもらいました。

気持ちのいい行楽日和で 見事な紅葉をたっぷり楽しんできました。

P1100922_2

P1100933_2

P1100942_2

P1100948_2

ここ何年かは 電車に乗る機会も少なかったけれど、 大阪までの小旅行 爺ちゃんも疲れた様子もなく とても楽しいものになりました。

付き合ってくれた次男家族に感謝です。

ありがとう (*^-^*) 楽しかったですよ(^◇^)

 

 

| | コメント (0)
|

ウエディングブーケが押し花額に

朝は寒かったものの 日中は暖かい良い日になりました。

今月初めにお預かりしたアフターブーケを押し花額に。。。。

乾いた花から順にバラを組み立てたり 赤花還元したりして準備していたのをフレームに入れることが出来ました。

P1100873_2112_4 P1100910_21111_2

生花の時赤い花は乾くと黒ずみますが 赤花還元するときれいな色になります。

ちょっと赤くなりすぎたのもありますが 何とかまとまったんではないでしょうか?

お二人の末永いお幸せを祈りつつ。。。。。

| | コメント (2)
|

買い物がてらお散歩に

風もなく 気持ちのいい青空が広がっています。

買いものに行かないのか?ってじいちゃん。

別にほしいものもないけど昨日出来た『赤のれん』でも覗いてみようかしら?!

パワーセンター内にできた『赤のれん』 衣料品店のようです。

沢山のお客さんで賑わってました。

開店祝いでしょう 半額の商品が沢山ありました。

じいちゃんの下着を買って安かったけど 自分のものは今度ゆっくり一人で見にこよう。

どれだけ安くても人ごみは苦手ですもの。

隣に電気店も出来てたけど 1週間前に開店しただけなのにこちらはガラガラ。

延長コードだけ買っておしまい。

これでやって行けるのかしら? って要らぬ心配ですよね。

その後は 向かいの『更科』さんて お蕎麦屋さんで昼食を。。。

ほんとは日本そばが美味しいんだけど今日は中華そばを。

     Sumaho_1114

昔ながらの中華そば 美味しかったですよ。

全国発送もしているとか。えらく有名になったのですね。 

沢山歩いて疲れました。

スマホの歩数計は5152歩となっています。

これくらいで疲れててはいけないんだけど もうこれ以上は無理無理。 

| | コメント (0)
|

クラス会に出席

昨夜は 中学時代のクラス会に行ってきました。

懐かしい顔ぶれがそろって 昨年亡くなられた担任の先生を偲び献杯した後 美味しいお料理に舌鼓を打ちながら 昔話に花が咲きました。

当時の担任は国語と社会の先生で 私は苦手な科目だったので あまり良い思い出はありませんが  出席された方の中には 可愛がってもらって 卒業後も海外旅行なども一緒に行ったよって話されてる人もいました。

先生の一番の思い出は 歌会始めに2回も入選され 2回も皇居に行かれたこと、めったにできることじゃない すごく立派な先生だったなぁって みんなの思いでした。

クラスは55人学級が8組、そして私たちは8組で 昔 理科室かなんかに使われていた教室で 冷た~い部屋だったなぁって それでも一番まとまっていたよなぁ って ほんとに懐かしい思い出でした。

おしゃべりばかりで 写真は何もありません。

せっかくのご馳走も何を食べたのかも思い出せないほど。

来年の1月には 学年同窓会が予定され また会えるね また会おうねって約束して帰りました。

| | コメント (4)
|

今日もいい天気

今日もお散歩日和、近所を歩いてみると今年は紅葉がきれいです。

Img_20131106_105217_116

左に図書館 右に文化会館がある静かな通りです。

車に乗ってると気が付かない町並みも 歩いてみると良い街ですね。

私の脚は人工股関節 あまり歩かない方が良いんだけど、水中歩行も出来なくなったし、まったく運動しないのも筋力が落ちるし・・・・

じいちゃんの散歩に付き合うのも良いのかもしれません。

助け合って歩きましょうか?!

| | コメント (0)
|

お伊勢さんへ

朝からお散歩日和。

どこかへ行こうか?ってじいちゃん。

そこで 今年式年遷宮があったお伊勢さんへ出かけることに。

これまでは車だったけど 今回からは電車で。

急行で一駅先の伊勢市駅で下車、外宮までは10分ほどで着きました。

やっぱりすごく賑わっています

お正月でもこんな人出は無いと思うほど。

↓ 真新しい正宮

P1100893_2

P1100899_2

P1100900_2

40年前の遷宮の時は 子育てに忙しい時期、

20年前は脚が痛くて歩けなかった時期だったのでしょう。

参宮には何度も来ていますが こんな新しいお宮にお参りするのは初めての事でした。

やっぱり気持ち良かったですね。

お願い事はしてはいけないそうですから 日頃の御礼を言ってお参りしてきました。

↓ すぐ隣に残された古いお宮は苔むして 間もなく取り壊されることでしょう。

P1100901_2

参道では菊花展が開かれていました。

皆さん丹精込めて作られているんでしょうね。

P1100903_2

P1100904_2

駅から外宮までの参道に新しく出来た赤福のお店で一休み。

P1100907_2

あ~これ一皿づつ頂いたのが間違いでした。

おなか一杯になってもう何にも食べられません。

いつもの「伊勢うどん」も今回はパス。

二人とも もうこれ以上は歩けません。疲れました。

残念ながら内宮まで歩くのは無理でしたね。

また次回ということにして 「カキの時雨煮」だけ買って帰りました。

たった3時間ほどでしたが 有意義な時間だったような気がします。

| | コメント (0)
|

アフターブーケを押し花に

ちょっと風が強かったものの 暑くもなく寒くもない良い陽気でした。

最近は じいちゃんの散歩に付き合って自転車を押して買いものに行きます。

二人でほしいものを買うと結構荷物が重くなるので 自転車がないと大変!

片道20分ほどですが 買い物を済ませて帰ると1時間あまり ちょうどいい運動になります。

真冬になるまで続けられそうですね。

ウエディングにも良い季節です。

披露宴を済まされたカップルから ブーケを押し花に・・・とご注文頂きました。

     P1100873_2112_2

今回も難しそうな花ばかりです。

上手く出来るか心配ですが 心を込めて作らせて頂きますね。


| | コメント (0)
|

氏郷祭りへ

松阪3大祭りの一つ『氏郷祭り』が行われました。

これは毎年恒例の「蒲生氏郷公」を中心とした「武者行列」の事で

甲冑に身を包んだ武士や、氏郷の奥方の冬姫、鉄砲隊などが続き、総勢200名の大行列が街を練り歩く ずいぶんにぎやかなお祭りでした。

     Img_20131103_124416

     Img_20131103_124609

市長さんも行列に加わって にこやかに。

     Img_20131103_124246

ユルキャラもかわいいいね。

     Img_20131103_124440_2

もう何年続いているのでしょう?

私初めて見た気がします。

露店がずいぶん沢山並んでいて 食べ歩く人が多かったものの、さすがに食べ歩きは出来なくて・・・

お寿司買って帰りました。

この写真はすべてスマホで撮ったものですが なかなか綺麗に写りますね。

 

| | コメント (0)
|

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »