« 秋の香り | トップページ | 入賞のお知らせが届きました。 »

お見舞いに

脚友さんであり オカリナの先輩である井○さんが腰の手術を受けられたので お見舞いに行ってきました。

変形性股関節症と腰部脊柱管狭窄症で 両松葉でないと歩けない不自由な生活をされている方です。

まず腰を良くしてから 時期を見て股関節の手術をなさるそうです。

まだ手術から3日目でしたから お見舞いも迷惑じゃないかしら?って心配しながら伺いましたが もう点滴も無く とても元気そうな様子で ただ腰のコルセットがきつそうで 大変だろうなと お察ししました。

良くなっているかどうかは 歩いてみないと分からないそうですが 少しでも痛みが無く 動けるようになるといいですね。 

時期を見ての股関節の手術にも成功されて また昔のように活発にご活躍されますよう祈ってますね。

お大事に(*^。^*)。

     

    ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

そんな病人様を前に 私はオカリナが重荷になってる事をお話し 「もうこの辺で止めたい」と伝えましたが 「折角ここまで来たんだしもう少し続けたら?!」と勧められ 習い始めてから一年となる来年2月に卒業させてもらうという約束で もう少し頑張ることになりました。

決してオカリナが嫌いというわけではありませんよ。

吹けるようになった曲を 自分なりに吹いてるのはとても楽しいし 教えてもらった事 感謝しています。

ただ あまり難しいテクニックには付いていけないという事です。

いつか聴いたオカリナの音色が忘れられなくて 「オカリナやってみない?」って誘って頂いた時はほんとに嬉しくてやる気満々だったのですが だんだん難しさが分かってきて 「この年になってから始めるようなそんな簡単なものではなかった。」ってことですね。

名古屋から来ていただいてる先生にも 今やめるのは失礼だとのご意見も尊重して もう少し続けさせて頂きますねっ。delicious

|
|

« 秋の香り | トップページ | 入賞のお知らせが届きました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の香り | トップページ | 入賞のお知らせが届きました。 »