« 鈴の森太鼓! | トップページ | 戻ってきたお仏壇 »

漢検ですってよ!

二日続きの雷雨のおかげで すこ~し涼しくなった気がします。 今夜はゆっくり眠れるかしら?(*^。^*)

毎日 暑い!あつい!と言いながら だらだら過ごす毎日ですが、ちょっとした出来事?がありました。P1040336_2

夫が漢字検定に合格したんです。

英語検定は知ってても漢字検定のことは全然知らなかった私です。が 年3回受験日があり 年間250万人が挑戦してるそうです。

年齢層も3才から97才と幅があり皆さん凄い学習意欲があるんですね~。

1級から10級までどれでも受けることが出来、先ず手始めに3級を受けたようです。

3級は小中学生も多かったとか!落ちたら恥ずかしかったねぇ。"^_^"

去年の3級合格率は53パーセントだったとか 結構難しいんだわ。

先ずは合格おめでとう!!

次回は2級頑張ってね。

|
|

« 鈴の森太鼓! | トップページ | 戻ってきたお仏壇 »

コメント

miyoさんご主人様の漢検おめでとう~
私は知っていたよ。
それに挑戦されるなんてすごいじゃないですか~
小さい時に習った漢字でも書き方をくずしたりしているから本当の漢字の勉強にはいいよですね。
はねたり少しでも番うといけないんでしょうから・・・・・

最近パソコンばかりで読めても書けない事のほうが多いから、素晴らしいです。パチパチ

投稿: イルカ | 2008年7月29日 (火) 00時48分

イルカさん おはよう♪
お祝い有難うね。
今は字を書くことが少ないから、読めても書けないんだよね。
主人は 町内の役員下りたから暇になって ちょっと挑戦したようです。
楷書できちっと書くことは以外と難しかったみたい。"^_^"
孫達に笑われないようにって 問題集でちょっと勉強してたわよ(^_-)-☆
何の役にもたたないでしょうけど、ボケ防止になれば良いわよね。(*^。^*)

投稿: miyo | 2008年7月29日 (火) 08時43分

ご主人様の 漢検3級合格おめでとうございます。
挑戦しようと云う気持ちだけでも見上げたものなのに
合格されて すごいです。
目指せ漢検と云うブログ 時々見ますが
3級は何とか読めますが 書くのは全然です。
最近はパソコンに助けられています。

投稿: piyoko1 | 2008年7月29日 (火) 20時25分

piyoko1さん こんばんは~♪
町内の役を降りて、手持ち無沙汰になったので何かやってみようと思ったようです。

孫に「漢検受けるよっ」って話したら、「何すんの?そんなもんうけて!」ってちょっと馬鹿にされてるようでした。
でも言ったからには通らないとねぇ(~_~;)
これで孫に自慢できるでしょう。

私も読むのは何とか出来ますが、なかなか書けません。
パソコンは便利ですものね。

2級受けるようで 問題集買って来たみたいです。
そ~と 見守っていますわね。(^_-)-☆

投稿: miyo | 2008年7月29日 (火) 21時49分

今晩は! 哲ちゃんです♪~happy01
ご主人様おめでとうございます。
幾つになっても挑戦する気持ちを持ち続けることは大切だと思います。
漢字検定の事は知っていましたが、私にはとても太刀打ちできるものではないです。
漢字を読んだり書いたりするだけではなく、3級ともなるといろいろ、普段知られていない部首名等も問題としてでるようですね。
活字離れして久しく、その上、部首な
んて言う言葉すら忘れかけているのが現状です。
御主人様は、又その上に挑戦されるご様子本当に尊敬してしまいます。


投稿: 哲ちゃん | 2008年7月29日 (火) 23時01分

哲ちゃん 
お祝い有難うございます♪
漢字検定 問題集見ただけでお手上げです。
部首など全然分かりません(~_~;)

役に立たなくても挑戦する事は大切ですよね。
陰ながら応援してるんですよ~。

でもほんとに2級に挑戦するのかしら?
そのうち「や~めた」って事になるかもです"^_^"

投稿: miyo | 2008年7月30日 (水) 08時55分

miyoさん    今晩は!
ご主人様の漢険の合格おめでとうございます。
素晴らしい挑戦ですね。
友達が受けるために勉強をしている本を見せていただいた事とがあります。
とても難しくて私にはとてもとても・・・・
次を目指すご主人様はご立派ですね。

投稿: えつまま | 2008年8月 1日 (金) 23時10分

えつままさん 
お祝い有難うございます。
何事も挑戦する事は素晴らしい事だと思います。
私も漢字は苦手だから3級でも尊敬に値しますね。
次回も頑張って挑戦してもらいましょう"^_^"

投稿: miyo | 2008年8月 2日 (土) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鈴の森太鼓! | トップページ | 戻ってきたお仏壇 »