« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

合格だったよ!

夕方telephoneが鳴った。

「おめでとう!合格でしたよ」 と 「えっ?!」

一瞬戸惑ったけど レカンフラワーでお世話になっている先生からでした。

前回の講習の時本部に送った審査用の額が帰ってきて 全員合格だったそうです。

     P1030906_259_3  

先生もみんなに早く知らせたくて電話してくださったそうで

「よかったわ揃って合格で・・・」と。

ほんとによかった(*^。^*) 一人だけ不合格なんて言われたら みじめだもんね。

フワッとしたリボンが結びたくてちょっとバックは渋い色になったけど、「今回は構図はどうでもいい、密封の仕方が上手くできていればいい。」という事だったので 密封には十分気をつけたつもり。

さぁ これで明後日の4回目の講習会もルンルンで出席できるわ。(●^o^●)

| | コメント (14)
|

ブーケを押花に

昨年末に店を閉じられたレストラン「ラ・メール」さん 4月末に別の場所に新装開店されました。

先日早速 結婚披露宴があったそうで「ブーケを押花に」と持ってきてくださいました。P1030247_5

そのときのお話では 私の作った額を正面に飾って下さっていて とても好評で この絵を見て「ブーケはぜひ作って欲しい」と注文があるそうです。

とても嬉しい事です。

近いうちにぜひ食事に行きたいと思いました。

そして預かったブーケはこちらです。

P1030957_2rameru525

ブルーのドレスに合わされたそうで 優しい色合いのブーケでした。

早速押花にしましたが 綺麗に出来ると嬉しいのですが。

もう一つ花屋さんからも注文が入りました。P1030960_2ituki526

こちらは大きなラウンドブーケで華やかなバラだけで作られています。

一度に二つは大変でしたが 頑張って押しました。

綺麗に出来る事だけ願っています。

| | コメント (0)
|

ブーケをプリザーブドフラワーに

レカンフラワーはブルジョンコースが一応終了となり 次回のフロレゾンコースまでには宿題もバラを一輪作っていけばいいだけなので なんとなくゆったりした日々を過ごしています。 午後から雨が降って来たので スイミングもお休みして 今日はプリザ作りです。

先日 時々押し花額を作らせて頂いてる花やさんから 「花嫁さんが持たれたブーケをプリザーブドフラワーにして欲しい」と依頼を受けました。

失敗は許されないものだし レカン作りで忙しいときだったので いったんはお断りしましたが「 ぜひ!」といわれて預かってしまいました。

P1030935_2_4 小さなアレンジにして残せばいいのかな?と思っていたら 「大きく作って欲しい」と言う事で ものすごく気の重い仕事になりました。

結婚式から二日も経過していて 花びらが痛み しおれかかっていたので大変でした。

しっかり水揚げした後 ホワイトニング剤に浸け その後それぞれの色の一液くんに浸けておきました。

色が色々だと液も沢山入ります。

ちょっとまとまりのない色で私好みではありませんでしたが 出来るだけ元のブーケに近い色に・・・と気をつけて 加工しました。P1030943_2519_4

一週間位浸けておいたのを 一昨日上げて乾燥させてありましたが もうほとんど乾いていました。新しい液は乾くのも早いです。

一つずつ丁寧にワイヤリングし 写してあった写真を見ながら 出来るだけ実物に近い感じになるようアレンジしました。

グリーンは 新発売の「スーパー1液くん」で染めたもので とても綺麗な色になりました。

すべてが本物より少し濃い色になりましたが「まぁこれだけ出来たらいいかな?!」と思っています。

依頼された方は待ち遠しいでしょう。 早く届けてあげたいと思います。

| | コメント (6)
|

レカンフラワー講習会3回目

昨日はレカンフラワーの3回目の講習会に行ってきました。 

前回宿題に出された課題を一つは写真だけ もう一つは実物額を提出しました。

P1030904_256_3 P1030906_259   

講座にきてくださってる先生からは「合格」といってもらえましたが 本部にも送って審査してもらわないとほんとの合格にはならないそうで レッスン日記に作品写真4枚と本人がお気に入りの作品を持った写真貼り 勉強に関するコメントを書いて一緒に送りました。 

次回の30日には合否がわかるそうでドキドキです。 

勉強はというと 今回も額の密封を中心に やはり厳しく私語は一切ないまま 黙々と作業に励みました。

午前中は 立体テープを使ったコンパーメント(小部屋)のデザインということで 作品の深さは1cm以内なので 小花を使って パールをちょっとあしらって おしゃれな作品になったと思います。

   P1030941_2516

午後からはウオーターベース(花瓶)を立体的に作り お花を活けるように作りました。 時間の制限がありデザインはゆっくり考える暇もありませんでしたから 満足できる作品ではありませんが 母の日にもらったお花(ひまわり)を中心に作る事が出来ました。

  P1030938_2516_2

こちらは 花の厚みが1,5cmのものまで入れることが出来 随分立体感を出すことが出来ました。 バックはパステルで彩色しましたがちょっと薄すぎたようです。

今回作った作品は2つとも写真を撮ってもらって 宿題の額と一緒に入れました。

今まで3回の講習会で 学んだ事は 1回目はお花を綺麗にレカンフラワーにする方法、2回目と3回目は きちんと密封する方法を中心に勉強しました。 デザインは特に学ぶ事もなく自由に作れましたが時間に追われながらの作業は大変でした。

みなさんの作品も見たかったのですが 自分のことで精一杯で ゆっくり拝見できなかったのは残念でした。

この3回で「ブルジョンコース」は修了となります。通信審査に合格すればブルジョンインストラクターになれるようです。

後は通知を待つのみです。

これでやめてしまってもいいそうですが 次回からは「フロレゾンコース」というのが始まります。 やはりもう少し勉強したいので 続けようと思います。 

ちょっと教室の雰囲気にもなれ 昼休みには親しくお話できるようにもなってきたので、厳しい勉強も苦痛にならなくなってきました。

後3回です 頑張ります。

| | コメント (12)
|

屏風にはめこむ額作り

しばらくお休みされていた押し花生徒のNさんから 「大きな額で屏風にしたいから手伝って欲しい」と連絡があり 朝から二人で大作に挑戦しました。

Nさんはすでに押し花のインストラクターで 数人の生徒さんの先生です。が 時々私の教室に来ては 大作を作っていかれます。

今回はフジとボタンを使って 大きな屏風を作られました。

台紙にする和紙を選び その上に黒のオーガンジーをかけて ちょっとシックな台紙が出来ました。この台紙を選ぶだけでも時間がかかりましたが 二人で納得のものです。

左はボタンを中心に(組み立てがまた大変でしたが) 右はフジに重点を置き 連作になるように両方に流してみました。

とても午前中だけでは出来ません。お昼をはさんで 4時までかかり大作が出来上がりました。

屏風本体は重いので持って来られませんでしたので 二つの額に入れてみました。

P1030936_2512nagasaki

写真は窓ガラスが写ったり反射したりでうまく撮れていませんが 左右連作になっています。

とても素晴らしい作品が出来たと思いますがいかがでしょう?

大満足の作品になり 今頃は大きな屏風におさまっている事でしょう。

 

| | コメント (8)
|

母の日のプレゼント

今日は母の日 今年もまたうれしいお花のプレゼントが届きました。

      ありがとう(*^。^*)

今年も元気にこの日を迎えられた事に感謝です。

レカンフラワーを始めたので 「色々なお花を乾燥させたいな」と思っていますが しばらくはこのまま楽しみ 後でレカンにしたいと思います。

P1030928_2511hahanohi  P1030931_2511yosiyuki

長男家族は顔を見せてくれ 次男家族はみんなで電話に出てお話してくれました。

それぞれの家庭が仲良く健康でいてくれるのが 何よりうれしいことです。

この幸せが末長く続きますように・・・・

      ありがとう(*^。^*)

| | コメント (6)
|

プリザーブドフラワーとドライフラワー

連休最終日は爽やかな青空が広がり お出掛け日よりでしたが とうとう何処へも出かけることなく 過ぎてしまいました。

家の修理やら 新しい習い事に負われ しばらくプリザーブドフラワーのこと作る暇もなかったのですが ちょっと工夫してドライフラワーと合わせてみる事にしました。

   P1030899_256

バラとピンポンマムはプリザーブドフラワーに加工し、 アイビー、ウノハナ、スターチスはドライ加工にしました。

それぞれのお花に合ったやり方で加工し 手軽にアレンジすることが出来ました。

アイビーが 変色もなく縮れもしないで こんなに綺麗にドライに出来てうれしいことでした。

ドライ加工の方法は 今習得中のレカンフラワーですので ここでお伝えする事は出来ません。

でも これはあくまでも試作ですからね。 このままで長持ちすれば大成功です。

梅雨時どんな感じになるでしょう? 後日談はいずれまた(*^。^*)

| | コメント (6)
|

レカンフラワー作品

レカンフラワー2回目の講習会に行ってきました。

出来上がったお花を壊さないように 風呂敷に包んで抱えるように持って行きました。 10時から始まるのに8時には家を出なければなりません。朝は夫が駅までは送ってくれました。

午前中は前の続きで 先生のデモを見てから 自分達の花を乾燥します。

午後からは持参した花を使って6ブロックデザインを学びました。

花を引き立てるためバックにパステル、色紙、布などを使いますが今回私は不織布を使いました。

作画はただ花を並べただけですが 密封が大変でした。

押し花も密封はしますが また違ったやり方で要領がわからず 手間取ってしまいました。

何とか出来上がったのがこの作品です。

  P1030891_352

花は思ったほど壊れてなくて 使うことが出来ました。乾かしたてより少し時間がたったほうが扱いやすいのかも知れません。

ほとんどが庭に咲いてた花ですが こうして額に入れてみると可愛い感じがします。

そしてもう一つBOXパックミニというのも作りました。

手軽に作れる紙製の額装で 乾燥剤も入っていて プレゼントにピッタリです。

植木鉢はふっくら立体に出来上がっています。 

  P1030888_252

これは今日 大阪の孫に こどもの日のプレゼントと一緒に送りました。壊れないで届くでしょうか?

さぁ これで安心してはいられません。

宿題が出たんです。次回までに これと同じ額を2つ作らなければなりません。

密封のやり方1回習っただけで上手く出来るんでしょうか?

次回持って行って 本部に送り 審査されるようです。 不合格もあるそうですよ。

次回の額用の花も作らないといけないし 何か目が回るような忙しさです。

| | コメント (10)
|

あれから2週間

レカンフラワーを勉強し始めてから2週間たちました。

色々なお花を色々な方法で乾燥させてみてびっくりしたのは とても早く(30分位で)乾燥出来しかも綺麗に出来る事でした。 2~3日かかる方法もありますが。

P1030886_2

ただ余りにも乾燥しすぎてか お煎餅のようにポロポロ壊れてしまうのが難点のようです。

明日は2回目の 講習会があり これらのお花を額に入れるようです。

そっと 優しく扱って 上手く額に入れば壊れる事も少ないでしょうが 道中壊れてしまわないか心配です。

でもとっても楽しみなんですよ。

 

| | コメント (10)
|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »