« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

ランの館

昨日浮世絵展を見た後、少し足を伸ばしてランの館に行ってみた。

入り口にはクリスマスツリーが飾られ屋根にはサンタさんが・・・とっても楽しそうな雰囲気だわ~(●^o^●)

Dscf0002_2_3   Dscf0031_2_2    

一歩中に入るとまたまた大きなツリーが飾られ、お花の香りも漂ってとっても素敵!!

それに身障者手帳を見せると 「付き添いの方もどうぞ無料で!」と思いがけない言葉に大感激!うれしいな~(^^♪

メイン展示場では、胡蝶蘭500株で作られた見事なツリーが飾られ、いい香りのするオンシジュームや純白のシンピジューム、ドーム型胡蝶蘭などが所狭しと飾られている。

Dscf0009_2_1 Dscf0008_2_1

Dscf0010_2 Dscf0005_2_1

Dscf0012_2_2 Dscf0013_2_3

まるで夢の中にいるようななんとも心地いい気分だった♪

中庭でもクリスマスバージョン満載であちこちが楽しい雰囲気に作られている。池ではトナカイに乗ったサンタさんがかわいい♪

Dscf0030_2_1 Dscf0021_2

モデル展示棟ではクリスマスを代表する色をテーマにした花飾りがあり、綺麗なソファーで休む事もできる。我が家がこんなだったらなぁと夢見心地に・・・(^^♪

Dscf0023_2 Dscf0029_2_3

         Dscf0028_2_1

夕方4時からはイルミネーションで彩られキャンドルの明かりで庭園も幻想的に照らされるそうだ。いつまでも見ていたかったけれど 遅くなるので諦めて帰った。

帰り道JR高島屋に立ち寄った。数年前に出来たひときわ目立つビルで 以前から一度は上まで行って見たいと思っていた所なので51階のティールームに行く事にした。

13回からエレベーターに乗るとノンストップで51階まで 何と20秒くらいで揺れもなくスーと着いてしまった。上からの眺めは素晴らしい!!ずーと向うの山まで一望できる。 隣のビルも同じくらいの高さがあるんだろうか?

Dscf0033_2 Dscf0034_2

都会でしか味わう事のできない素晴らしい眺めだった。

でも田舎者には都会は疲れるわ~。家が一番いいのかな~?

| | コメント (4)
|

浮世絵師展

昨日友達から「一緒に行こうと思ったけど都合が悪くなったから・・・」と言って浮世絵師展のチケットを頂いた。あまり興味もなかったけれど「たまには都会の空気も吸うのもいいだろう」と 名古屋松坂屋美術館に出かけた。

Dscf0001_2_1  浮世絵は江戸時代に 写楽、歌麿、北斎、広重の4人を中心に発展したそうだ。

役者の顔を面白く描いた写楽、美人画の歌麿、視覚の魔術師と言われた北斎、 東海道53次の広重など沢山の肉筆画や版画が展示されており、その細やかな筆使いに思わず見入ってしまった。 写真などでは見る事もあったけれど、豊かな表現力と、色鮮やかな色彩を見る事ができ やっぱり本物は素晴らしかった。

行ってよかったわ。有難う<m(__)m>

| | コメント (0)
|

秋の終わりに♪

雨が降ったり止んだりのうっとうしいお天気だったが 寒さは感じない一日だった。

先日休耕田のコスモス畑で“ご自由にお取りください”と立て看板を見つけ うれしくて少しもらってきたコスモスが綺麗に乾燥した。

Kosumosu

コスモスは自然に咲いているように作画することが多いんだけど 今回はパステルで花瓶を描き 活けてある感じにしてみた。

慣れないパステルだから上手くは書けなかったけれど花瓶に見えるかなぁ?

コスモスは寂しい感じのする花だけどバックもかわいいピンクにしたから何だか華やかな絵になった。

たまには脱皮して こんな作品もいいもんだわ(^^♪ 好きな作品になりそう"^_^"

| | コメント (0)
|

小さな庭でも

今にも降り出しそうな空模様で、日差しのないぶんとっても寒い。

我が家の小さな庭にも少しだけかわいい花や実がなっている。ちっとも手をかけなくても毎年同じように咲いてくれる花たち、ちょっとデジカメに収めてみた。

山茶花                  山茶花

Dscf0007_2 Dscf0008_2

イソギク                  ハナミズキ

Dscf0009_2 Dscf0012_2

南天                    ヤツデの花

Dscf0013_2 Dscf0014_2

センリョウ                 センリョウ

Dscf0016_2 Dscf0017_2

こうして撮ってみると 綺麗なんだわ(^_-)-☆

今年はマンリョウが実をつけなかった。南天もセンリョウもそのうち小鳥達に食べられてしまうのだろう "^_^"  でももう少し綺麗なまま残しておいてね(^_-)-☆

| | コメント (6)
|

サンタさん 何してるの?

勤労感謝の日の今日は 朝からうっとうしくて肌寒い一日だった。

スイミングも今日はお休み。(私は平日だけの会員なんです) 出かけるところもなく、押花を整理したり、プリザを整理していると 残液で作ったケイトウ、南天の花(蕾のときのもの)、赤い実(名前分からない)などが出てきた。かわいいサンタも見つかったのでこれらを使ってアレンジを・・・と考えた。。

Santa_06_1 はしごに乗ったサンタさんだから、赤や黄色の実を取っているところにしよう(^_-)-☆  

魔法をかければ子供達の待っているクリスマスプレゼントになるんだって!!

お花は使わなかったけれど、たまにはこんなのもいいかな?!

赤い実は去年作ったものだけど変色もなくとっても綺麗だったぁ(^^♪

| | コメント (6)
|

わが町の紅葉

昨日 今日は穏やかな小春日和でした。自転車でスーパーへ行くのもコートなしでルンルン気分とっても爽やかでしたよ。

Bunnkakaikannmae_2_1 市内ではどこにも綺麗な紅葉は見られないと思っていたらありました~。春には桜が綺麗なところです。

ここは左に図書館や公民館、文化財センターがあり 右に文化会館、コミニュティセンターのある市内の文化ゾーンです。歩道がとっても広くてゆったり歩けます。

少し前はこの歩道で 若者達がスケボー遊びをして道具が散乱し問題になっていましたが、今はすっかり綺麗に片つけられ 文化ゾーンにふさわしい眺めでした。

落ち葉も絵になってよかったですよ。

| | コメント (0)
|

ドライブで紅葉狩り

「明日からは雨で寒くなりそう」という天気予報を聞いて「近場で最後の紅葉狩りを・・・」とドライブに出かけた。

山が近くなるとところどころ綺麗な紅葉が見られるが、車を止めるところがない。追い立てられるように着いたのが「飯高道の駅」だった。。ここは温泉もあるようで結構賑わっていた。みやげ物や地元で取れる野菜なども沢山売っていて お茶、とろろ芋、ほうれん草、つきたての餅、草もちなどなど つい沢山買ってしまった。

もうしばらく行くと荒滝というところに着いたが、ここは紅葉はあまりなくてツツジの名所のようだった。案内図によると山のず~と奥には滝があるということだ。

Aratakiiitaka Aratakiiitaka2

少しだけど 綺麗な紅葉に出会うことが出来た。 

春にはツツジを見に行こう!!楽しみが出来た~ヽ(^。^)ノ

| | コメント (4)
|

ハート型ボックスに♪

先日出来上がったバラ達をアレンジメントフラワーに・・・

Dscf0037_3 今までにない綺麗な透き通るようなプリザーブドフラワーたち どうアレンジしようかと迷った挙句 6色みんな使いたくて ハート型のボックスに入れてみた。とっても綺麗!!最後に大き目のパールをいれて出来上がり!

今までは濃い色は綺麗に出来たんだけど 薄い色に染めるとどうしても早く変色したり、濁った色になったり、特に真っ白はなかなか難しかったけれど、今回ホワイトニング剤が発売されとっても綺麗に作れた。

まだまだ どこまで発展していくか分からないプリザの世界。いつまでも追い続けたいと思っている。

| | コメント (6)
|

六色に染まったよ♪

天気予報では雨ということだけれど穏やかないい日だった。

先日買ったピンクのバラとピンクのカーネーション、白のスプレーバラが六色のプリザーブドフラワーに出来上がった。 白のバラは蕾が固かったので1日遅れ。

Dscf0029_2_2 今まで淡い色は元の生花の色が残ってしまって難しかったけれど、ホワイトニング剤新発売で綺麗にできた。

特に白はいつもアイボリーになっていたのに今回は真っ白に出来た。 生花のときピンクだったのに こんな綺麗な白になったんだから、明日引き上げる予定の白のバラはもっと綺麗な白に出来上がるだろう!うれしいな(^^♪

これで ウェディングブーケも綺麗に出来ると思う。

ドレスに合わせて自分で作ったブーケを持って結婚式・・・何と素敵なことでしょう♪

| | コメント (4)
|

文化祭

急に寒くなって出かけるのはおっくうに感じたが 孫達の小学校で文化祭があるというので見に行った。体育館ではそれぞれの学年ごとに発表会が行われ二人の孫も一生懸命歌を歌ったり、指揮をしたりと頑張っていた。

Bunkasai_1   Bunkasai11

各教室では作品展が行われていた。どの子もそれぞれ素晴らしい作品を作っている。

↓これは3年生の作品 (赤のバックの蝶とオレンジのお面がユミちゃん作)

Bunkasai2 Bunkasai4

↓これは5年生の作品 (習字は真ん中、絵は左上がマーくん作)

Bunkasai9 Bunkasai6

みんな とっても素敵だったよ!

でも校庭は車で満杯。子供達は毎日歩いて通ってるというのに親達はどうして歩いてこられないんだろう?学校は禁止できないんだろうか?

それに体育館では子供達が一生懸命発表しているのに親達の私語が絶えない。私達の年からは考えられないことばかりだ。若いお母さん達ちょっと子供達を見習って欲しい。

ちょっと考えさせられることの多い催しだった。

雨が降り出したので急いで帰ってきたら、後から息子が、バザーで売っていた五目ご飯を届けに来てくれた。 当日券は売り切れということだったけれど、前売り券で嫁さんが買ってくれたそうだ。二人の好意に感謝していただいた。 美味しかったよ(^^♪

| | コメント (6)
|

ホワイトニング剤

プリザーブドフラワーを本格的にはじめてから2年くらいだろうか?

講師認定も頂いて 他人にも教える立場になってはいるが 他人に伝えることは意外に難しい。「でも綺麗に出来た♪」 「また別の色で作りたい♪」などというお便りいただくと、「やっててよかった~(^^♪」とほんとに嬉しくなる。

今回 淡い色が綺麗にできるという “ホワイトニング剤”というのが発売された。

早速色々試そうとお花を買った。

Dscf0007_3 このお花たちに息を吹き込んで、淡い色のプリザーブドバラを作ってみよう!

どんな綺麗な色になるかしら?

楽しみだわぁ~ヽ(^。^)ノ

| | コメント (2)
|

フレンドシップコンサート

昨夜は中国民族楽器の演奏を見に行った。

これは 三重県と中国河南省が友好提携してから20周年を記念して行われたもので  河南省から8人の使節団が友好公演に来てくれたそうだ。

竹笛、二胡、硝吶、琵琶、古筝、中阮などの中国独特の楽器で 中国の曲や日本の曲20曲余りが演奏されたがそれは素晴らしく、楽しい2時間はアッというまに過ぎてしまった。

いつも 誰かに誘われて出かけることになるんだけど、それを許してくれる主人と いい友達を持てて私ってほんとに幸せ者です。 

| | コメント (0)
|

花束♪

立冬に合わせるかのように強風の吹き荒れる寒い一日だった。いよいよ寒さの始まりですね~。

2週間ほど前に頼まれていた花束を押花額にした。

Hanataba 押花にするには難しい グロリオサと  アルストロメリアがあり、とても苦労したけれどまあ何とか綺麗に押せた。

小さな額の割には大きな花なので沢山は入れられなかったけれど 花束風にまとめ、リボンを付けて出来上がり!!

これは結婚1年目のご主人が奥様にプレゼントされたものだそうで、 羨ましいような素敵なカップルですね~。

気に入ってもらえると嬉しいんだけど・・・

何はともあれおめでとうございます~。

 

| | コメント (4)
|

バイキング♪

今にも降りそうな空模様だけど暖かい。

市内の足友8人で食事に出かけた。2台の車に分乗して30分あまり、着いたのはバイキングの店だった。ところが店は満杯で人が溢れてる。待つこと40分位でやっと席に着くことが出来た。待ってる間おしゃべりに夢中で長くは感じなかったけど(^^♪

ここのバイキングは女性向きなのか 老人向きというのか魚肉類は一切なしでその栄養分を豆で補うというのが売りのよう。だから「まめやさん」なのだろう。

Mameya_1 ひじき、こんにゃく、しいたけの煮物、きんぴらごぼう、おから、おからサラダなどなどで そう珍しいものはないけれど、お味は美味しい。

なかでも珍しかったのは黒砂糖アンを包んだ五穀米のおはぎと おからドーナツだった。(左前のお皿だよー)

出来立ての豆腐、厚揚げなども美味しくてお土産にも買ってきた。

すこ~しづつ取ったはずなのに、こんなに沢山になってしまって 残すわけにも行かずおなかいっぱいに。みんなも大満足の様子。ヽ(^。^)ノ

ちょっと寄り道して足湯にも行ったけれど ここも人が一杯でで入ることは出来なかった。

山の紅葉もまだまだで 楽しむことは出来なかったけれど気心の知れた足仲間、またいつか・・・と約束して分かれた。

| | コメント (0)
|

kimiさんの作品

通信講座で プリザーブドフラワーの加工&デザインコースを勉強中のkimiさん ベーシックコースの最後の作品となるバラと小花のブーケ風作品を作成された。

7_1  今回のバラは 普通に加工してからアート感覚で染料を加えるやり方だ。 ピンクのバラにグリーンを、ライトグリーンのバラにピンクを加えとても素敵に出来上がった。

バラの間に入れるカスミソウやアスパラが多すぎて重い感じになったのでちょっと手直ししてもらったら素晴らしいアレンジメントになった。

次回からはスタンダードコースに進んでもらうことになる。

最後まで頑張ってディプロマ(講師資格認定)取ってもらいたい。

| | コメント (4)
|

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »