豪商のまち松阪 観光交流センター

随分涼しくなって 自転車でお出かけするのも気持ちよくなってきました。

先日八百屋さんへ行った帰り 思いついて「豪商のまち松阪 観光交流センター」へ寄ってみました。

もう2年ほど前に出来たと思うのですが足を止めることはありませんでした。

Dsc_0709

随分立派な建物です。

一階は観光客のため市内の観光スポットやグルメ情報、土産物がいっぱい並んでいました。

Dsc_0708

Dsc_0707

Dsc_0706

Dsc_0705

Dsc_0704

Dsc_0703

Dsc_0702

ほしいものがいっぱい😄🎶

でもだ~れもお客さんがいなくて 一人でいつまでも眺めてられません。

少しだけ買い物して出ましたが、 

2階は「参宮街道のにぎわい」をテーマにした パネルの展示などもあるそうですよ。

今度また誰かを誘ってゆっくり見て回り 松阪のこともっと知りたいと思いました。

 

| | コメント (2)

久しぶりのレカンフラワー教室

レカンフラワー教室を休止してから もうどれくらい経つでしょう?

時々は記念のお花を押し花にさせてもらったり レカンフラワーにさせてもらったりしていますが 生徒さんに教えるってことは久しくしていませんでした。

6月だったと思いますが 以前 家の向かいにあったお花やさん(今は少し離れた所に移転)が 一人の生徒さんを紹介して下さいました。

このお花やさんにアルバイトに来てらっしゃる方で お花にとても興味のある方のようです。

転勤族で この松阪にいる間にレカンを勉強して 九州へ戻ったら教室をしたいとのこと。

責任重大ですよね。

良く聞いて見ると プリザーブドフラワーでアレンジを作って 商品として売ってらっしゃるそうです。

もうお花のプロですよね。

 

そんな訳で教室再会したわけですが もう大変です。

私の習っていたのとはずいぶん違うカリキュラム。

いいえ習ったけど忘れてる。

 

私も勉強しながら進めていますが とても素敵な作品作って下さってるので見てあげてください。

Dsc_0522

Dsc_0575

Dsc_0593

Dsc_0686

もうすでにブルジョンコース終盤になってきていますが 凄く楽しそうですよ。

花屋さんにお勤めだからお花の新しいの選ばれるから綺麗ですよね。

 

頑張って勉強してくださるので私も頑張りますね。

 

寂しい毎日なので 話し相手が出来ることがとっても嬉しいです。

| | コメント (6)

初盆の最後の行事

じいちゃんの初盆も終わって お寺での合同のお参りも済みましたが 初盆飾りは23日まで 本堂の内陣というところに飾ってもらっています。

内陣は正装した僧侶だけしか入れない所だそうですが 初盆の家族だけはお参りすることが出来るそうです。

Dsc_0611

阿弥陀様の右隣りの内陣の正面に飾って頂いています。

お供え物を取り換えに 毎日でも行っても良いそうですが 一度行ったきりで 明日最後のお参りに行こうと思っています。

お供えの正面に清酒が置いてあります。

爺ちゃんそれが一番良いよって言ってるでしょうね。

| | コメント (2)

じいちゃんの初盆を迎えて

コロナ禍が治まりません。

首都圏では緊急事態宣言が出され 13道府県にはまん延防止等重点措置も出されましたが新規感染者は増え続けています。

もう直ぐお盆の時期ですが 家族みんなで集まることは不可能のようです。

 

 

今年は爺ちゃんの初盆を迎えます。

初盆飾りも祀ってもらっていますが 寂しいお盆になりそうです。

Dsc_0591

この辺のしきたりで 8月7日に住職さんのお参りして頂いて その後15日まで家で飾り 15日の夕方お寺に送って行きます。

16日には 今年1年に亡くなった人たちの合同のお勤めがあります。

我がお寺だけで15人の方が亡くなったそうです。

お寺も 多人数ではお参り出来なくて 息子夫婦と私だけ出席します。

 

じいちゃんは生前 「コロナだけには罹りたくない」って言ってましたから コロナでなくて良かったね。

もしコロナだったら 最後にみんなに逢えなくて 寂しかったでしょうからね。

最後の日も 普段逢えない次男家族と一緒に食事が出来て ほんとに良かった。

 

新盆でまた色んなことを思い出してしまったけど 『幸せな人生だった』と思ってくれてると嬉しいな。。

| | コメント (4)

新しいお墓の建碑式

7月19日 爺ちゃんが逝ってから5カ月目の命日を迎えました。

毎日が寂しい 悲しい思いの月日でした。

どれだけ経っても悲しみは癒えません。

 

すぐにも納骨するつもりでしたが 住職さんのお勧めもあって 

ご先祖様のお墓を整理して 新しいお墓を建てることになりました。

 

先日墓石が納められましたが

まだお性根入れされてないただの石碑です。

Dsc_0528

昨日やっとその建碑式(お性根入れ)を済ませることが出来ました。

同時に納骨もしました。 

 

爺ちゃんやっと落ち着いてくれたんじゃないでしょうか?

 

間もなく初盆を迎えます。

8月に入るとすぐ初盆飾りをし 家族みんなでじいちゃんの霊を迎えたいと思います。

その準備でまたまた落ち着かない日々が続きそうです。

| | コメント (2)

久しぶりのアフターブーケ

5月も半ばというのに早くも梅雨に入ってしまいました。

ジメジメした嫌な日が続きますね。

 

コロナ禍で なかなか結婚式も挙げられない中 

レストランウエディングされた花嫁さんのブーケをレカンフラワーにとの 嬉しいお話がありました。

Dsc_0337

乾燥させるには難しいトルコキキョウがメインのようです。

失敗は許されません。

じっくり時間をかけて。。

真っ白とオレンジ色の綺麗なトルコキキョウが出来ました。

Dsc_0385

お花に厚みがあるので 深さのある額が必要です。が 大きな額はありません。

ちょっと窮屈そうですが 綺麗なお花をほとんど使って 素敵な額が出来ました。

Dsc_0398

本物はこの写真よりいい感じだと思います。

久しぶりのレカンフラワー凄く緊張しましたが楽しく作らせてもらうことが出来ました。

作り方忘れてなくて良かった!!♥💛♥

もう一度レカンじっくりやってみようかな? と思いました。

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

息子の誕生日のこと

昨日は息子の誕生日。

「一緒に夕飯食べに行こう」ってお誘いが。

「でも コロナ禍だし・・・」

「家族だけやから大丈夫」

そんなやり取りの後、やっぱり付いて行くことに。

息子夫婦とユミちゃんと私。

ま~君はデートかな?来なかった。

 

行った先は焼き肉やさん。

爺ちゃんと二人の時は行ったことがなく 何年ぶりだろう??

お店はと言うとガラガラ。

何とも気の毒なお店の様子。

 

でも 松阪肉の焼き肉やっぱり最高。

Dsc_0237

Dsc_0242

色々沢山頂いて もうお腹いっぱいに。

ユミちゃんはやっぱり若いねぇ。

最後にビビンバとやらを食べてた。

Dsc_0243

今夜はお嫁ちゃんのおごりだったそう。

美味しかったわ。ごちそうさま。

 

 

じいちゃんのいない寂しさを少しでも慰めてくれようと誘ってくれて ほんとに嬉しい。

息子はあれから毎晩 仕事帰りに顔を見せてくれる。

でも そんなに気を遣ってくれなくても良いんだよ。

 

寂しいけど大丈夫。

健康に気を付け 何とか頑張りますからね。

ありがとう。

 

 

 

 

| | コメント (4)

中陰が明けました。

先日満中陰のお参りを済ませました。

祭壇を片づけると 寂しさがどっと沸いてきました。

 

これまで色んな手続きや 七日七日のお参りで忙しく 悲しんでる暇もなかったのに。。。

今心に開いた穴はだんだん大きくなって ふさがりようがありません。

 

息子やお嫁ちゃん 毎日気遣って顔を見せてくれますが やっぱりどこか違うんですよね。 

 

片づけてた書類の中に 私に対して「姑との共存 子育て等の家庭育成 姑の看護 そして自分のことなど 50有余年の苦労と努力には表しきれない感謝の念を持っている」とのことが書かれているのを見つけ また感涙してしまいました。涙。なみだ 😢

 

優しい人でした。

もっと喧嘩などしてたら こんなに悲しまなくて良かったかもしれません。

 

でもこれからは一人で頑張ります。

見守っていて下さいね。

| | コメント (4)

あれから1ヶ月

早いものですね。

じいちゃんが亡くなってから1ヶ月経ってしまいました。

朝 目を覚ましてから 寝てからも 思い出すことばかり。

最後まで十分してあげた 悔いはない と 思ってたつもりでも 

「あぁしてあげればよかった。」

「もっと優しくしてあげればよかった」と後悔することばかり。

楽しかった事思い出そうとしても 今年に入ってからのちょっとしんどそうな様子ばかりが浮かんできます。

酸素吸入もしてもらってたし いつものようににこやかにしていたから 急に逝くとは思わなかったけど しんどかったんだよね。

次男家族に会えてホッとしたのかな?

一緒にお寿司食べられたのがほんとに良かった。

今日が月命日。

1ヶ月泣いてばかりいたけど もう泣かない。

 

住職さんに勧められて 息子がご先祖様のお墓を整えて 新しい石碑を作るって言ってるから応援します。

近い将来私も眠るところだからね。

きっと立派なお墓になると思います。

 

 

| | コメント (2)

じいちゃんの死

令和3年2月19日 爺ちゃんが亡くなりました。

満86歳。

 

11年前に胃癌を手術して以来 無理をせず 二人でゆったり過ごして来ました。

無くなる二日前 ちょっと元気が無い様子だったので次男家族に連絡し 二日後。。。

次男 孫 ひ孫が来てくれたその日は 嬉しそうにひ孫ちゃんを抱っこして みんなと一緒にお寿司を頂いた数分後 ベット横になったかと思ったらそのままス~~~と息を引き取りました。

なんとあっけない最後だったでしょう?!

苦しみは全くなかったように感じました。

 

コロナ禍の折柄 通夜、告別式は家族だけの静かなお別れになってしまいましたが 祭壇は立派に飾られ 満足して逝ってくれたと信じています。

Img_20210220_160536

今は静かに お家でまつられています。

Img_20210223_114023

寂しくなりましたが 息子家族と仲良く過ごしていきたいと願っています。

きっと見守っていてくれるでしょう。

 

 

 

 

| | コメント (10)

«お正月の事